認知症にゴツコラ(つぼ草)が

いいと評価されています!

【無料プレゼント】

認知症やアルツハイマー病を防ぐ方法

←クリック【無料プレゼント】直にダウンロードできます。

【会員限定モニター品 研究用教材・素材】

★★★ただ今お分けしています! 

【お知らせ】(数に限りがありますのでご了承ください。) 

ゴツコラ(ツボ草の苗)←お分けします

知り合いのお医者さん(まだ55歳)が若年性認知症になってしまいました。
驚きです!!この病院はこの先どうなるのでしょうか?

お医者さんが認知症になるのだから、病院も当てにはできません!!

自分のことは自分で対策を立てましょう



DIY(Do It Yourself)を応援します!

自然素材を活用し、できることは 何でも自分でやろう!

自分で調べて、選んで、組み合わせて、
自分独自のモノを創造しよう!!
あなたのDIY(Do It Yourself)をお手伝いします!


認知症にはゴツコラを試してみよう!

記憶力がアップします!!

日本ではあまり知られていない情報を紹介します!
日本の情報が最先端だと思ったら大間違いです。

ゴツコーラ、ツボクサ、ゴトコラ、雪積草で検索して下さい。

びっくりするほどの情報が、多くのサイトに記載されています。

下記に概要をまとめてみます。

認知症 予防 としてゴツコーラ!!

世界保健機関(WHO)がゴツコーラを保存すべき重要な薬用植物として推奨しています!
(ゴツコーラは、ツボクサ、ゴトコラ、雪積草などいろいろな別名がついています。)

画像の説明

ゴツコーラを食べると、脳の神経細胞の突起が 7倍も多くなる!

ゴツコーラは、子供から大人まで、すべての世代 に欠かせないハーブです。

老化防止、アンチエイジング、認知症予防に、受験生に、「食べるIQ」 驚異のハーブ、ゴツコーラ!

ゴツコーラの葉の形は、脳の形に似ており、脳の左右のバランスをとると言われています。

●テーブルにゴツコーラの植木鉢を置き、つまんでサラダとして。

ゴツコーラは、まるごと生葉で食べるのが一番良い。

将来が、楽しみです。

どうなるでしょうか?

老化防止、認知症 予防は、今からスタートすることが大切です。

物忘れが初期症状かもしれない?

若年性認知症の予防は早くから対策を立てなければ間に合いません。

ゴツコーラは脳の神経細胞が7倍も増加するそうです。

自分自身が率先して始めるしかないですね。

こんなに楽しみなチャレンジはありがたいです。

日本中で、まだ誰もやっていないでしょう?

老化防止、美肌効果も期待できます!

あなたもチャレンジしてみませんか?

ゴツコーラを、上記の写真のように、ご自分で育てて増やしてください。

そうすれば、いつまでも使えます。

【作用】  脳強壮、神経強壮、心臓強壮

【適応症】 老化防止、アンチエイジング、 認知症、アルツハイマー、アスペルガー、うつ病、、神経痛、リューマチ、ダイエット効果、皮膚病、顔の色つや、身体を温める、血行を改善、ケロイド、らい病、てんかん、毛髪の成長、血液浄化、記憶を促進、白内障、知恵遅れ、気管支炎、便秘、胃弱、疲労、発熱、精神神経疾患、 など多数の効果が期待されています。

【使い方】

・生葉をサラダで食べる。

・料理に加える

・ハーブティー

・ハーブ美肌水

・髪・頭皮用トニック

・全身用シャンプー

・リフレッシュウォーター

・ハーブ酒

などに活用しています。

ゴツコーラをお分けします。

認知症 予防法としてゴツコーラ。

ゴツコーラを自然有機農法(無農薬・無化学肥料)で育てています。

生で使うには無農薬でなければ意味がありません。

個人で作業をやっているので、手間・暇がかかり、大量生産はできません。

しかし、

世界保健機関(WHO)が推奨するほどの、

優れモノだから、できるだけ多くの人にお届けしたいと考えています。

繰り返しますが、
ゴツコーラを、上記の写真のように、ご自分で育てて増やしてください。

認知症 予防として活用することを提案いたします。

会員限定モニター品ということでお分けします。

ぜひ、ゴツコーラを活用した喜びの声、ご感想、などを送信ください。

よろしくお願いします。

画像の説明

★畑にあるだけで終了です。欲しい方は躊躇しないでください。

認知症 予防や若年性認知症の予防として、無農薬・無化学肥料の自然有機農法で育てているところは、他にはないでしょう。

ゴツコラ(ツボ草の苗)←お分けします

(直径約15cmの植木鉢でお届けしています。葉の多少はありますが、ご自分で増やして下さい。)

画像の説明

ゴツコーラ(ツボクサ)のいろいろな追加情報

2006年に、インドの脳科学者が、生後5週間目のモルモットに実験をした。

毎日つぼ草を食べさせたモルモットと、食べさせなかったのと比べた。

4週間、毎日6ccのゴツコーラ抽出液を飲ませた結果。

ゴツコーラの抽出液を飲ませたモルモットは、
脳の神経細胞の突起が7倍も多くなった!!

(右側の図は、白い線(神経細胞の突起)が多い。ゴトコラはゴツコーラ、ツボクサの別名。)
画像の説明


海馬は、脳の奥にあり、記憶をつかさどる場所。

海馬は記憶の製造工場と言われている。
(自分にもあるはずなのに、ぜんぜんわかりませんね!)

海馬の神経細胞が多いほど記憶力が高まるそうです。

他の脳細胞は150年の寿命があるのに、海馬の脳細胞は数カ月で入れ替わる。

ツボクサは、海馬を強化する薬草。
画像の説明

インドでは、ゴツコーラ(ツボクサ)を「食べるIQ」と呼ぶ。

受験生にはかかせないハーブと言われています。

アルツハイマー、アスペルガー、うつ病、アンチエイジングなどに、世界の脳科学者が注目しています。

最近は、

また、最近ではダイエット効果の点からも利用されています。

ゴツコーラ(ツボクサ)はインド原産で、

アーユルベーダ医学で過去3000年にわたり使用されてきた。

このハーブは、瞑想を助けるものとして使用されている。

また、漢方医学では抑うつの治療や長寿の薬、「若さのもと」と称されている。

ゴツコーラは食用ハーブです。

ゴツコーラは抗酸化活性が非常に高く、天然抗酸化剤の原料に適している。

ゴツコーラは特に皮膚病の治療に有用で、女性の顔の色つやを若々しく保つ。

出産を終えたばかりの女性や、身体を温めたいとき、血行を改善する場合に推奨されている。

ケロイド、らい病、てんかんの治療にも利用されている。
インドでは神経の働きを強める活性化ハーブ、記憶を改善するための脳の強力な強壮剤として使われている。


256歳!?  長寿にはゴツコーラを推奨した!!

伝説的な中国のハーバリストのLee Chingyuenは、
1933年に256歳でこの世を去ったが、
長寿にはハーブの中でも特にツボクサを推奨した。

画像の説明

中国名:GotuKola ゴトコラ 日本名:ツボ草 です。

Li Ching-Yuen in 1927 Probably the most famous proponent and user of Gotu
Kola (known in China as fo-ti-tieng) is the celebrated Chinese herbalist
and Daoist master (Dao yin or internal health practices) Li Ching-Yuen,
born in 1677, who survived twenty-three (23) wives and died on March 5,
1933 (as reported by the New York Times and London Times) at the age of 256
years. This was officially recorded and confirmed by the Chinese
government, and aroused so much interest in France, that the government
there established an experimental laboratory in Algeria to study Gotu Kola.
The English government also provided a grant to a college research
foundation in Colombo, Ceylon to study this herb.

Born on 1677 in Chyi Jiang Hsie, Szechuan province and later moving to Kai
Hsien, he joined the Chinese army of provincial CinC Yueh Jong Chyi at the
age of 71, as a tactical advisor and teacher of the martial arts, though he
spent most of his life in the mountain ranges gathering herbs and knowledge
of longevity methods.

In 1927 Li Ching-Yuen was invited to Wann Hsien, Szechuan by General Yang
Sen who was fascinated by Li's remarkable youthfulness, strength and
prowess in spite of his advanced age. The enclosed photograph was obtained
there. After Li's death, the General investigated his background to
determine the truth to his claimed background and age, which led to a
report that was later published. Returning home, he died a year later, some
say of natural causes, while others claim that he told friends, "I have
done all I have to do in this world. I will now go home." With these words
he lay down upon his couch and allowed his spirit to depart through sheer
willpower.

People interviewed from his home province in 1933 remember seeing Li
Ching-Yuen when they were small children, and that the master had not aged
much during their lifetime. Others reported that he had been friends with
their grandfathers. The truth of his long life died with Li Ching-Yuen and
is one of those inscrutable Daoist mysteries that may never be solved.

An interesting sidelight was thrown upon the unique properties of
fo-ti-tieng (Gotu Kola) by a 107 year old Indian sage named Nanddo Narian,
who claimed that the herb provides the missing ingredient in a man's diet,
without which, he can never control disease and decay. He found it to be,
in practice, the finest of all herbal tonics and nutrients.

The results of the studies performed upon Gotu Kola by the French in
Algeria revealed what appears to be a new vitamin not known in any other
food or herb. It was described as the "youth vitamin X" that exerts a
rejuvenating influence upon the ductless glands, the healthy functioning of
which is, the means by which the brain and body are maintained for healthy
activity.

中国の情報だから全面的にウソだと思ってはいけません。

中国の伝説的なハーバリストのLee Chingyuenさんは、

言い伝えによると、

1933年に256歳でこの世を去ったそうですが、

長寿に一番必要なハーブは、

【ツボ草】と言ったそうです。中国名:ゴトコラGotuKola

繰り返します。

長寿の秘密は?【ツボ草】を推奨したそうです。

これが【ツボ草】です↓

ダウンエイジングです!!

究極のアンチエイジングです!!
 

仙人と言ってもいいかもしれません。

256歳でこの世を去ったということが、事実か?

疑わしいところではありますが、

例えば、

半分の年齢だとしても、127歳前後です。

127歳でもすごい年齢です。

ゴツコーラは、アーユルヴェーダの中で最も精神的 、若返りのハーブとしてみなされている。

瞑想を改善するために使用され 、頭の上部にあるエネルギーセンター、クラウンチャクラを開発するといわれている。


近年 、欧米ではリラクゼーションを促進するための神経強壮剤として人気となっている。

【作用】  脳強壮、神経強壮、心臓強壮
【適応症】  気管支炎、便秘、胃弱、疲労、発熱、精神神経疾患、子供のせき、神経痛、リューマチなど

野生のトラが、

けがををしたときに身体にすりこむという言い伝えから

「タイガーハーブ」とも言われているそうです。

ツボクサは髪の毛の成長、血液浄化や記憶を促進する特性がある。

目と頭脳の活性化に最高の薬草です。

白内障や知恵遅れ、アルツハイマーにも効果が認められています。

★★★これからの日本は、高齢者が増えるので、認知症、アルツハイマーの予防にツボクサが期待できるでしょう!!

・私は、ハーブ美肌水など、すべてにゴツコーラを活用しています。

ゴツコーラをお分けします!

書籍『アーユルヴェーダのハーブ医学』から引用

画像の説明

ゴツコーラ(別名:ブラフミーの知識と効果・効能)

サンスクリット名: Brahmi ブラフミー
英語名: Thyme leaved gratiola
学術名: Centella asiatica
日本名: 積雪草、ツボクサ
別名: ゴツコラ、ゴトコラ、ゴーツコーラ、タイガーハーブ、バイブアボックアジアチカ、センテラ、インディアンペニーワート、ペガガ 

インドでは魔法の植物(quasi magique)とまで言われ、ブラフミー(創造の神ブラフマンの知恵を助けるもの、崇高な実態についての認識をもたらすもの、の意味)と言う名前まで付けられ、瞑想を助けるハーブとしてヨーガの修行をする人に特に使われています。

 
ブラフミーは、もともとインドのハーブで、アーユルヴェーダの薬の中で最も重要な若返りのハーブです。

主に神経と脳細胞を活性化するハーブです。
知性を高め、長寿を促し、記憶力を増し、老化や老衰を遅らせます。

免疫機能を高め、体内を浄化し栄養を補給し、副腎を強めます。

血液を浄化し、湿疹や疥癬だけでなく、ハンセン氏病や梅毒などの慢性の皮膚病にも特効があります。
 
ブラフミーはピッタに対して強壮作用と若返り作用があります。
同時にヴァータを抑え、神経を静め、余分なカパを減らします。
すべてのハーブの中で霊性とサットヴァの性質が最も高いハーブです。
ヒマラヤ山中によく見られ、ヨーガ行者の瞑想のための食物です。
クラウン・チャクラ(第7のチャクラ)を目覚まし、右脳と左脳のバランスを整えます。

瞑想の前にブラフミー・ティーをカップ一杯飲むとよいでしょう。
牛乳を用いた煎出液は、よい神経強壮剤です。
粉末は外用のペーストとして慢性の皮膚病に用いられます。
バジルと黒コショウを一緒に調合すると発熱に効果があります。
若返り剤としては、ギーで調合するのが最良です。」(抜粋)

とあります。
また、WHO(世界保健機構)はブラフミーを「21世紀の驚異的薬草」
「保護すべき薬用植物の中でもっとも重要なものの一つ」
と位置付けて、同発行の文献に以下の症状に効果があると謳っています。

鎮静効果があり、中枢神経系を安定させる。  
疲労を軽減し、うつ症状や不眠症を緩和する。
脳機能を高め、集中力や記憶力を増進させる。 
血行を良くし、体中の血液の流れを高め、血管や毛細血管を強くする。 
免疫機能を補強する抗生物質の特性を有し、特に肌の各種トラブルの対策に効果がある。
風邪や呼吸器官の異常(鬱血、熱、のどの不快感等)に関連する症状を緩和する。
心臓の働きを助け、肝臓や腎臓の機能を増進させる。 
血管体系を強化し、結合組織を強め、血管の炎症を治すハンセン病の皮膚障害を修復する効果がある。
化学物質や薬剤に汚染されたからだを無毒化し、脳細胞や神経を活性化する作用がある。
コラーゲンの生成を促す。細胞分裂を促進させ、やけどやキズ、乾癬、湿疹の回復を促す。


神農本草経:中国最古の薬物学(本草学)書

画像の説明


画像の説明

神農本草経では、ツボクサのことを「雪積草」と読んでいます。

神農本草経では、ツボクサのことを「雪積草」と読んでいます。
神農本草経は、中国最古の薬物学(本草学)書といわれており、
個々の生薬の薬効について述べています。

中国古代の伝説の帝王で農耕・医薬・商業の神「神農」名をつけています。

一年の日数に合わせた365種の薬物を分類しています。

・上品(じょうほん、120種)
・中品(ちゅうほん、120種)
・下品(げほん、125種)
と薬効別に分類されていることが特徴的です。

(上薬、中薬、下薬ともいう)
上品は養命薬(生命を養う目的の薬)で、
無毒で長期服用可能。身体を軽くし、元気を益し、不老長寿の作用がある。

中品は養性薬(体力を養う目的の薬)で、使い方次第で毒にもなるので注意が必要。病気を予防し、虚弱な身体を強くする。

下品は治病薬(治療薬)で、毒が多いので長期にわたる服用はよくない。
病気を治すために用いる、とされている。

「神農本草経」は保健もしくは予防的な薬物が上ランクに、治療薬が下ランクに位置している。
『黄帝内経』、『傷寒雑病論』とともに中国医学における三大古典の1つに数えられる。

ゴツコーラは、上品、上薬、に分類されています!
ということは、
養命薬(生命を養う目的の薬)で、無毒で長期服用可能。
身体を軽くし、元気を益し、不老長寿の作用がある薬草です。

これは、楽しみです!!




【会員限定モニター品】 

会員の方だけに有料でお分けします。


ゴツコラ(ツボ草の苗)←お分けします

研究資料室へご招待【無料】

↓研究資料室へご招待! (会員限定ページ)
ゴツコラ(ツボ草)の資料・海外論文もたくさん保管してあります。

貴重で高価な資料を多数保管してあります 。

あなたの研究資料としてお役立て下さい!!【無料】
実用的な資料が豊富にご覧いただけます。(PDFファイル)

参加 解除
*メールアドレス
名前

参加、解除はいつでも、自由にできます。【無料】

[check]しっかり、届くメールアドレスを記入してください。
折り返しメールで、直に入室できるURLをお知らせいたします。

 
・自然素材のすばらしさがご理解いただけると思います。

・いろいろと、活用方法のアイデアが思い浮かぶはずです。

・ご自由に研究教材・素材としてお使いください。【無料】

・研究後は、①活用目的 ②感想などを報告していただければうれしいです。

★都会にお住まいの方、マンションにお住まいの方、畑のない方、
自分では育てられない方、自然素材を求めている方にお届けします。

今後も、どんどん役立つ資料を追加保管していきます!

あなたの悩み事が少しでも解決できますように!!

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM